Lure Craft TREAT


  • No.5000シリーズ
  • 5000Cシリーズ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

OLD Ambassadeur Collection
ABUとの出会い… 私がまだ小学生の頃、あるの池で赤い少し大きめのAmbassadeurを使っているお兄さんに出会いました。その当時の私のタックルはバンタム/ファントムという、それでも当時にしては高かったリールを使用していましたが、全く形の異なるシンプルでかつメカニカルな真っ赤なリールを目の当たりにしてすごく感動した記憶が有ります。しかも外国製なんです。わたしはその頃からずっと、いつかはAmbassadeurと決めて20歳の頃ようやく赤の2500Cを手に入れました。その時の嬉しさは、ほぼ毎日のように野池に出かけては釣れなくてもひたすらキャストをしていました。その後、レコードと呼ばれる5000番…そう、小学生の頃見たあの少し大きめの真っ赤なリールを手にしました。ようやくあのお兄さんの気持ちにたどり着いた心境でした。それからというものひたすらABUのリールにとりつかれて、気がつけば多くのリールを所有する迄に致しました。それは良き日の思い出と共に大切に保管されています。わたしはコレクションとなったリール達を眺めながら明日の釣り行脚に夢をはせて日々を楽しんでいます。私のコレクションの詳細がお役に立てるようでしたら是非見学して行って下さい。
画像の紹介
リール各側面図 各リールの4方向から見た写真があります。サイドプレートの文字の違いやネジの形、ハンドルの形状等あらゆる部位の確認が取れます。
解体写真 分解をした際にパーツの組み付けが分からなくなった場合にご利用下さい。また、リール本体に付いている部品の純正確認にもご利用下さい。※古いものですので、もしかすると正しくない場合が有ります。その場合は是非ご連絡下さい。
最後に
協力して頂いた方々へ このページを作成するにあたりご協力を頂いた方々に深く御礼申しあげます。とくにピュアフィッシングのサイモン下村様にはご多忙の中対応をして頂き誠に感謝しております。今後も末永いお付き合いをよろしくお願いします。
   

PageTop

Copyright(C)1997 LURE CRAFT TREAT.